3D-Grading / 立体グレーディング>立体グレーディングとは?

TOP > 立体グレーディング > 立体グレーディングとは?

立体グレーディングとは?

体型を立体で捉え各部位のバランス関係を数値化しそれらを活用することで、サイズ変更と体型変更を一度にグレーディングすることができます。大きいサイズで難題だったバストの厚みのカバーやアームホールの形状維持も、この立体グレーディングを使用することでマスターサイズのイメージを保ったまま美しいシルエットのグレーディングが可能となりました。

ミューラー理論とAGMS社の立体グレーディングシステム

立体グレーディング イメージ
立体グレーディング 特徴とメリット

ミューラー理論とは、体型を立体で捉えることにより各部位のバランス関係を"体型バランス表"で数値化し、その統計的な計算式からパターン技術を体系的に具現化した方式で、原型、グレーディングなどのパターンの変化に対応する考え方です。

当社ではミューラー理論を取り入れたAGMS社の立体グレーディングシステムを採用しています。

これにより1マスターでの体型違いの展開(9AR~21BR)、前後配分・ダーツ量の変化で各サイズシルエットの崩れを少なくグレーディングができるほか、横から見た際の前後シルエットの維持によりデザインイメージを崩さずグレーディング可能です。

お問い合わせ ■電話 058-271-4144(受付時間:月~金 9:00 - 17:00
採用情報 「市場」を創って、「常識」を変えよう
Facebook ズーム株式会社 ファンページを開設しました。 ZOOMのこだわりを世界に向けて発信!
ページ先頭へ